システム屋日誌

情報システム構築、開発手法を中心に気が付いたことを書き留めます。ちいさなことから、おおきなことまで。もちろん、どうでもいいことも。。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
れいねっとHP
http://www.rey-net.com
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
作文と論文の違い
技術士の二次試験対策のために、「<午後供簣席犬硫鯔.謄ニック改訂新版」という本を購入。
http://www.itec.co.jp/shop/product/book_tec_pm.html

この本は技術士試験でなくて、情報処理技術者試験対策のための本ですが、大変参考になりました。自分の論文の悪いクセを直すには、もってこいの内容でした。

作文を書いてから論文風に書き換えるという演習があったので、チャレンジ。いつもミクシィの日記に書いている風の文を書いて、それを論文に変換してみました。


【作文】
「今日、朝起きてから、今までの出来事」

 朝から天気が悪かったけど。遠方に住んでいるEさんが、珍しく出張でこちらへ来ていたので、強行で山登りした。午後から天気が崩れるのがわかっていたので、時間のかかるコースはやめて、N山へ行った。登り始めて、飲み水を買っていなかったことに気がついた。今にも雨が降りそうな雰囲気。2時間すれば、頂上だと思ったので、たくさん汗をかいたけど、ガマンして歩いた。途中で信用販売があり、いざというときのためにみかんを買った。ところが、頂上まで行く前に雲行きがあやしくなってきたので。途中の休憩所でお昼を食べて下山することにした。途中で買ったみかんを食べて、少し落ち着きました。

【論文風】
「登山の準備の重要性」

 登山の準備は、軽登山であっても、前日までにすべて行っておくことが重要である。なぜならば、飲み水などは、身体の健康や命にかかわるからである。具体的には、次のようなことが起きた。
 今朝は、登山に出かけた。天気予報は午後から雨だったが、めったに参加できないEさんが来るので、片道4時間のO山から片道2時間のN山に行き先を変更し、登山を実行した。登り始めて30分後、水を忘れたのに気が付いた。途中、無人の売店でみかんを売っていたので、万が一に備えて買った。しかし天気が崩れる前に下山しようと、先を急いでいたので、みかんは食べずに登った。とても辛かった。休憩所で、ようやくみかんを口にした。
 今回は、みかんで急場をしのげたが、下山するまで水分をとれなかったら健康状態は悪くなっていた。また、低山であっても、遭難や怪我をすることがある。どのような登山であっても、持ち物は前日までに、全て準備することが重要である。



3分くらいで完了。本当の論文じゃないので、いい加減なところもあるけれど、意外と簡単にできた。
論文と作文の違いは、主張性・客観性、具体性があるか、ないかということです。主なポイントは以下の通り。
・主張性
 −あいまいな表現(例えば「。。。と思う」)を使わない。
 −事例を挙げる
・客観性
 −主観的な表現を無くし、「なぜならば」で始まる、
  根拠を明示する文を入れる。
・具体性
 −定量的な表現にする。例)「数十時間」->「20〜30時間」

論文風の文書で、採点者に事前準備の重要性が伝えられたら、OKということです。