システム屋日誌

情報システム構築、開発手法を中心に気が付いたことを書き留めます。ちいさなことから、おおきなことまで。もちろん、どうでもいいことも。。。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
れいねっとHP
http://www.rey-net.com
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
湘南ビーチマラソンとIT技術
昨日、湘南ビーチマラソンを初めて走りました。
湘南海岸の初夏の風に吹かれながら、二宮〜大磯の海岸線を10Km走ります。
午前10時スタート。
走り始めたら砂利や地盤のゆるい砂浜に足をとられて、思ったより大変。
最初の2Km で「もうだめ」と思ったのですが。
仕事漬けで先シーズン1回もスノーボード行けなかったこと、
山にも登れなかったことを思い返し、30代のスポーツの思い出をマラソンリタイアで終えてはたまらない。
「とにかく最後まで走ろうーーーーー!」
と、歩き・走りを繰り返しながら前に進みました。
沿道の人々に励まされ、なんとかゴールにたどり着きました。
もちろん、完走。1時間46分でした。
「嬉しかった!!嬉しかった!!嬉しかった!!」

さて、技術屋日誌と関係ないマラソンの話が続きましたが。
今回、RFID(ICタグ)をつけて走ったんです!
RFID というと、牛肉のトレーサビリティなどに応用されていますが、今回はマラソンランナーの記録計測に使われていました。

シューズのひもに、プラスチック製の穴あきコインのようなものを通して結びます。この中にICチップが埋め込まれているというわけ。

スタート・折り返し地点・ゴールでランナーの情報をチップから読み取って、サーバに送信。最後に記録所に行くと、記録証がプリントアウトされました。
ちゃんと名前入りの記録証もらって、大満足の一日でした。
コメント
from: 黒猫ファン   2006/06/05 11:26 PM
マラソン完走おめでとうございます
黒猫ファンは運動音痴なので半永久的に無理です

すでに一部ではユビキタスになりつありますね
RFIDもすでに0.2mmの世界になりましたし
そのうち空中に塵のように浮遊して機能連携するように
なるのかもしれません

あらゆることがITに結びつきます
ビジネスヒントも見つかるかもしれません
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://technology.rey-net.com/trackback/239912
リクルートが運営するIT計の情報サイト「キーマンズネット」 企業で導入するIT製品選びをサポートすることを目的としたサイトですが、IT単語帳という便利なツールがあります。
マルコ式ネット白書 | 2006/06/07 12:08 AM
ICタグについての情報、ICタグの活用事例、ICタグのプロジェクト、ICタグのトラブルなど。
ICタグ! | 2006/11/07 11:06 AM