システム屋日誌

情報システム構築、開発手法を中心に気が付いたことを書き留めます。ちいさなことから、おおきなことまで。もちろん、どうでもいいことも。。。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
れいねっとHP
http://www.rey-net.com
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
phpMyAdminを使ってデータベースをコピーする(2)
前回に引き続き、phpMyAdminを使ってデータベースをコピーする方法の紹介です。前回は、同じサーバ内でデータベースをコピーする方法、今回は違うサーバへコピーする方法です。

2.phpMyAdminを使って、異なるサーバにデータベースをコピーする方法

(1)CREATETABLE用 SQL 生成
 1.上部のメニューで「サーバー:」を選択
 2.MySQLメニューの「エクスポート」のリンクを選択
 3.「エクスポート」リストから、バックアップするサーバを選択
 4.以下のオプションで「実行」ボタンをクリック
  
  エクスポート
  ●SQL
  
  SQL オプション
  ■構造:
   ■「DROP TABLE」を追加する
   ■「IF NOT EXISTS」を追加する
   ■「AUTO_INCREMENT」値を追加する
   SQL エクスポート互換: NONE
  ■データ:
   ■完全な INSERT 文を作成する
   ■バイナリフィールドは 16 進数を使用する
   エクスポート形式: INSERT
  □ファイルで保存する
  ■圧縮
   ●無し
  エンコーディングへ変換する
   ●non
  
 5.画面に表示された SQL 文をテキストエディタにコピー&ペースト
 6.上部にある、CREATE DATABASE 文を削除する。
   #これがあると、後で生成する新データベースにテーブルが
    生成できません。
 7.ファイル保存(念のため)

(2)DB生成
 1.上部のメニューでサーバー: を選択
 2.「新しい DB を作成します。 」で、以下の内容を入れて
データベース名
照会順序 (コピー元のDBと一致する文字コード選択 例: ujis_japanese_ci)

(3)テーブル・データ生成
1.上部のメニューで新しく生成したデータベースを選択し、
   「SQL」タブをクリック
 2.「 データベース xxx にSQL 照会を実行する:」で、
   手順(1)のSQL文をペーストする
   ※ファイル読み込みだと、ファイルを保存するときの文字コードが
    トラブルの原因になるので、大きなデータでなければ、コピー&
    ペーストがお勧めです。もし、大容量データであれば、日本語の
    文字コードに十分注意してファイル保存、読み込みをお勧めします。
   MySQL で扱う日本語文字コードは、UTF-8、japanese_ci(EUC-JP)、
Shift-JIS の3つがあります。

以上です。

違うサーバへコピーする場合、少し複雑ですが。
PHP プログラムを自作するより簡単だと思います。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://technology.rey-net.com/trackback/472125