システム屋日誌

情報システム構築、開発手法を中心に気が付いたことを書き留めます。ちいさなことから、おおきなことまで。もちろん、どうでもいいことも。。。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
れいねっとHP
http://www.rey-net.com
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
お金の重さ
気がついたら。1ヶ月近くブログ更新してないじゃないか〜
お勉強したネタを書こうと思ったけど。今日はリハビリにツレヅレ書こぉ。

先日、駅のホームで電車を待っておりました。
のどが渇いたので、ジュースを買おうと自販機の前へ。
サイフを開けたら。1万円札と35円しか、無い。

ジュース買えないーーーーー

ふとみると SUICA が使える自販機だった。
先ほど改札で使った SUICA カードを「ペタン」すると。。。
「ガチャン!」とジュースがお出まし。

便利な世の中になったなぁ。
こうして、お金は電子マネーになっていくのでしょうか。

でも、ちょっと違和感。
お金って、物理的な重さをもっているから、
ありがたみがあるような。
(って、年寄りくさいかな)

駅のベンチに座ってジュースを飲みながら、
お金にまつわる話をふと思い出しました。


知人のHさんのこと。

Hさんは10代で両親を失い、17歳の時はすでに弟2人を養っていました。昭和の話で、今より自立する年齢が低かったでしょうが、17歳で小さな子供を養育するのは大変なこと。当然、生活は苦しく、おじさんにお金の相談をしに行ったそうです。

そのおじさんは。
「借金は、いっぺん返してからするもんだ」
と、Hさんに言ったそうです。

負けず嫌いのHさんも考え抜いて、頼ったのだと思います。
話をしながら、うつむいて、ポタポタ涙を流していたそうです。
そのおじさんも、とってもつらかったと想像します。

何十年か経って。
おじさんは、亡くなる少し前に自分史を書きだしました。
しかし、たった数行だけ書いて・・・まもなく他界しました。

その数行は。

同居している自分の子どもや孫のことではなく、、、
Hさんの思い出でした。
「Hはまだ幼いのに、よく兄弟の面倒をみている」

Hさんはその後、自分で土木系の会社を設立し、大成功。今では年に数回、奥様と海外の旅を楽しむ生活です。すごい人だと思います。

この話は、私のお金の価値の中心部にペタンとはってあります。

携帯で、あっという間に金銭の収受が行われる世の中。
お金の大切さをじっくり考える時間がなくなるの、少しコワイ気がします。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://technology.rey-net.com/trackback/564998