システム屋日誌

情報システム構築、開発手法を中心に気が付いたことを書き留めます。ちいさなことから、おおきなことまで。もちろん、どうでもいいことも。。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
れいねっとHP
http://www.rey-net.com
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
システム開発のためのモデル その4 システム開発技法 スパイラルモデル
スパイラル・モデルを一言でいうと、ウォーターフォール+プロトタイピング。

【いいとこ取り】
大規模な開発に向いているのが、ウォーターフォール・モデル。小規模な開発に向いているのが、プロトタイピング・モデル。
その2モデルのいいところを取ったのが、スパイラル・モデルといわれています。

【事例】
ウォーターフォール・モデルで工程を分割します。基本計画->外部設計まで一貫して行います。それ以降の工程は、独立したサブシステム毎に「設計」「プロトタイプモデル作成」「検証」を繰り返して、徐々に開発規模を大きくしていきます。

    (1)基本計画−>(2)外部設計−−−>
                    ↑ ↑ (3)内部設計1
                    | |     ↓
                    | | (4)プロトタイプ1作成 ※
                 フィードバック    ↓
                    ↑ | (5)テスト1(検証)
                    | +−−−−−+
                    |
                    ↑   (6)内部設計2
                    |       ↓
                    |   (7)プロトタイプ2作成 ※
                 フィードバック    ↓
                    |   (8)テスト2(検証)
                    +−−−−−−−+

【良いところ】
一歩ずつ、仕様を確認しながら進められるところ。
このモデルは、各工程の直前の工程での検証結果を、次の工程に「フィードバック」がある。
フィードバックの前に必ずユーザの承認が必要なので、仕様との相違がないかどうか、
小さな単位で確認しながら前に進めるので、大きな手戻りが発生しないというわけです。
また、仕様変更にも柔軟に対応できます。

【欠点】
毎回プロトタイプを作るので、時間がかかります。全体でみると、開発効率は低くなる可能性があります。
では、どんなときに開発効率は低くなるのか。単純に考えると。

 最初の要件〜完成まで全く変更なしの場合、開発効率は。
  ウォーターフォール > スパイラル

 最初の要件が完成前までにずれが生じた場合、開発効率は。
   スパイラル > ウォーターフォール
 
要件のズレの頻度が高いほど、スパイラルの特性が生きて、開発効率が良くなります。


参考文献:情報処理技術者テキスト 基本情報技術者プラスアルファ〈4〉システム開発とその運用

デジタル用語辞典 2002−2003版
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://technology.rey-net.com/trackback/589474